死ぬほどどうでもいいよ!www

バカをバカにして何が悪い?w

イースターラビットのキャンディ工場

f:id:animal3:20160614134327p:plain

映画【イースターラビットのキャンディ工場】

うさぎがかわいくて鼻血でそう!

このかわいさのまえでは、日本製のMOE猫耳娘なんて速攻顔面パンチだね。ありえないくらいこぶしをめりこませてやるぜ!!

ほんとかわいい。

まぢでかわいい。

かわいいうえに、じつにハイテックなうさぎ。

うさぎになら顔面にパンチをめりこませられても全然許せる。

うさぎ大好き!

どうぶつ大好き!

にんげんどうでもいい!

生まれ変わったら、絶対にんげん以外になりたい!

て、俺なんかがなにかに生まれ変われるはずねーけどな!

まあ、生まれ変わりというシステムがあったとしての話だけど。

 

が、全編CGアニメ映画かとおもっていたら、実写と融合だったので、ちょっとテンション落ちました。

まあでも主人公の男がなまけもののダメ人間で自分的には共感できるからOKでした。(でも動物にやさしくないみたいなところはまったく共感できないどころか、脊髄ぶった切ってやりたくなったぜ!)。そのダメ人間とイースターラビットの工場の跡継ぎ息子がリンクしているという脚本。

おきまりのパターンですね。

 

娯楽映画のフォーマットどおりに物語は進みます。

あーはいはい、ってかんじです。

ステレオタイプで典型的で退屈。

お約束の展開。

なんの意外性もなし。

目くじら立てる気力もない……。

 

というわけで、うさぎがかわいいだけでした。

それ以外とくに目を見張るものはとくにありませんでした。

ちびっこなら楽しめるかもしれないね。

でもあいにく、おれはでぶっこ。

うさぎが大好きな人ならみてみてもいいじゃないですかね。

ひまつぶしに……。

それか睡眠のお供に……。

オリジナルのテーマソングはかこいいボ・ディドリー・ビート。

なぜかついてくる日本版のテーマ曲はもちろんゴミだ。

いまどきくだらねえタイアップとかしてんじゃねよカス。

それにしてもわれながら観る映画の選択がめちゃくちゃ。

(これじゃまーたひとつも買ってもらえないじゃないか!)