死ぬほどどうでもいいよ!www

バカをバカにして何が悪い?w

史上最強のナメクジが決めたこと

f:id:animal3:20160614133009p:plain

ここは軍の核ミサイル施設。その管理を一任されているナメクジがいた。彼の通称は「なめくじ」。本当に本物のナメクジなのだからしかたがない。

 

いつものように、ナメクジが得意の三味線を弾いて暇をつぶしていると、突然コンピュータが緊急指令警報を出してきた。こんなことは訓練以外では初めてのことだ。

 

ナメクジにはミサイルの発射ボタンを押す「義務」がある。ナメクジはためらった。これは訓練ではないのか?

ナメクジはかたわらにあった「ザ・汚職役人の実態」という古本に目を落とし、決断した。

 

ボタンを押すのをやめたのだ。

 

考えてみればあたりまえのことだ。敵の核ミサイルで、こちらは壊滅するだろう。それはもう避けられない確定事項だ。ならばなぜ、わざわざ罪のない敵国の人々を殺さねばならない?

 

殺すべきは役人ども・政治家どもだ。スイッチを押したところで、やつらは避難している。やつらだけ生き残るのだ。なんの意味もない。さよなら。

ナメクジいらっしゃ~い 8個入

ナメクジいらっしゃ~い 8個入