死ぬほどどうでもいいよ!www

バカをバカにして何が悪い?w

電子辞書と圧縮音源プレイヤーが普及したのに電子書籍が普及しない理由を教えてあげよう

f:id:animal3:20160614123115p:plain

電子辞書はみんな持ってるね。

紙の辞書使ってる学生のほうが、もはやレアだね。

理由は利便性だね。

ぱらぱら紙をめくりまくるより楽に探してる言葉にたどり着けるし、

それになにより、軽い!

紙の辞書、めたくた重いもんね。

普及してあたりまえだよね。

シャープ 音声コンテンツ搭載・タイプライターキー配列電子辞書 カシスレッド PW-AM700-R

シャープ 音声コンテンツ搭載・タイプライターキー配列電子辞書 カシスレッド PW-AM700-R

 

 で。

圧縮音源プレイヤー。

iPodとか。

Apple iPod nano 16GB シルバー MD480J/A <第7世代>

Apple iPod nano 16GB シルバー MD480J/A <第7世代>

 

 もう廃れてiPhoneでまにあうかんじかな?

これも利便性。

CDプレイヤーってあるけど、

あれって、いろんな曲聴きたいのに、

そのたびにCDを入れ替えるのめんどくさい

っていう「決定的なめんどくさ要素!」があったよね。

それがmp3 aacなんてのができて、

それをまとめてぶちこんで、

それを自由に再生できる装置ができたんだから

普及して当然だね。

そもそも音楽再生装置は、

音質を犠牲にしてまでも、

利便性を優先されてきたんだから。

レコードに金をかければCDなんかよりはるかにいい音聞けるのに。

audio-technica ステレオターンテーブルシステム AT-PL300 BK

audio-technica ステレオターンテーブルシステム AT-PL300 BK

 

 でも、結局、みんなCDを選んだ。

これも利便性。

つまり、

爆発的に普及したものというのは、

利便性の勝利。

ただそれだけ。

ひるがえって

電子書籍

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

 

 利便性?

なんかぱっとしないね。

読みたい小説が50冊あるから、それ全部持ち歩いて適宜読むことにしたい——なんてシチュエーションないしね。

たいていふつうのばあいはよむのは1冊。

そのほうが結果的にたくさん読める。

平行して読むくせは自分にもあるけど、

やっぱ1冊に集中して読んだほうが、おもしろい。

それに結果的にはかどるし。

なので、CDチェンジャーみたいなのはいらない。

だから、電子書籍端末にいくらたくさんの書籍を詰め込んでも

たいした魅力はない。

ぱらぱらめくって

あれどこかに書いてあったよなって探すの、

直感的・物理的に。

紙のほうがわかる。

電子なら検索機能が

「完璧なまでに」充実していてほしい。

まあそれが実際に必要になるのも、

それほど「しょっちゅうあるシチュエーション」でもないけど。

あどばんてーじが、めたくたうすいよね。

電子書籍元年

とか

電子書籍新世紀

とか

いくらあおっても

あほらしい。

紙の本て、

意外なまでに完成された媒体だから。

こまったね!

俺は紙が好き。

そんなに「画面」ばっか見てられるかよ、糞が!

という気持ちも

当然のことながら

あります。

デジタルデトックスのすすめ  「つながり疲れ」を感じたら読む本

デジタルデトックスのすすめ 「つながり疲れ」を感じたら読む本

 

目がつぶれます。

視力が衰えます。

メガネ子ども率の以上に多いこと。

しょうがないから業界は、

電子、タブレット

教育現場に流し込んで

それでもって利益を確保しようと躍起になってるけど、

くだらねえ。

アップル iPad 2 Wi-Fiモデル 16GB MC769J/A (ブラック)

アップル iPad 2 Wi-Fiモデル 16GB MC769J/A (ブラック)

 

 デジタル機器をもてあまして困ってるのは、

いつだってじさまばさま。

ガキはほっといても

おしえられなくても

自由に使いこなすんだから。

それを教育する必要性はきわめて薄い。

バカな教師どもが、

先端的な授業をしたということで

すばらしい

とか

自分の評価をよくしたくて

こぞって使う感じ。

ブタがいた教室 [DVD]

ブタがいた教室 [DVD]

 

あほくせえ。

糞教師の自己顕示欲・ゴミのような出世意欲。

つけこむ企業に、

乗せられるバカ教師。

おりこうなのは子どもばかり。

だけどバカ企業とバカ教師の犠牲になるんだ。

さすが「自称くーるじゃぱん」だね!

 はい

この記事のタイトル

もう一度よく読んで。

おわかりか?

今、電子書籍何年?w

もうおわったよね。

バイバイ

蛇足。

そういえば自分は紙の辞書が好き。

理由は

長年同じ辞書を使ってると、

「ああ、高校生の時、自分はこんな単語を調べたんだ」

ってのがわかるから。

もちろん、調べるたびに単語に線を引いたりした跡が残ってるから。

電子辞書にも似たような機能あるかもしれないけど。

それでも、

紙の辞書に、

その当時の自分の筆跡で、

線が引かれているのを見ると

なんだかおもしろい。

新明解国語辞典 第七版

新明解国語辞典 第七版

 

 「電子」が普及する前と後で、

人々はどれだけしあわせだったろう。

たまにはそんなこと考えてみるのものいいかもしれない。

思いもよらない視点がみつかるかもしれないね。