『1q84』じゃだめですかね?

 

f:id:animal3:20160614122128p:plain

世界は文学でできている 対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義

世界は文学でできている 対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義

 

沼野充義さんという先生が、

文学の偉い先生たちと対話してる本です。

読んでてちょっと不思議におもったことがありました。

村上春樹という人がかいた、

1Q84』という本についてかたられていたのですが。

以下、抜粋です。

 

 

沼野充義「しかし、これは日本語だけで成り立つ語呂合わせです。日本語を知らないアメリカ人やロシア人が『1Q84』というタイトルだけを見せられても、それが「一九八四のことだ」とは絶対に推測できません。」
ロバートキャンベル「私はあれはただの表記のダジャレかなと思ってしまいました。英語にする場合は、意味が通じないまま貫くか、まったく別のタイトルをつけるしかないですね。」

 

 

俺「『1q84』じゃだめですかね? 小文字の『q』なら数字の『9』とわりと似てるじゃないですか。あ、だめですか。ですよね。どうもすみませんでした……」

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

 
1984 (English Edition)

1984 (English Edition)

 
1Q84 BOOK 1

1Q84 BOOK 1

 
1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット (新潮文庫)

1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット (新潮文庫)

 

 

立派な本なので続編も出てました。

 

 

 

 

 

 う〜ん……

1Q84 (Vintage International)

1Q84 (Vintage International)

 
1Q84

1Q84

 
1Q84: Books 1 and 2

1Q84: Books 1 and 2

 
1Q84

1Q84

 
1Q84: Book 3

1Q84: Book 3

 

 むずかしいですね。