「ルビンの壺が割れた」取り返しのつかないことをしてしまった新潮社!

「ルビンの壺が割れた」宿野かほる(新潮社)

 

 

ルビンの壺が割れた

ルビンの壺が割れた

 

 

Twitterで口コミを誘発する形で宣伝とか、

期間限定無料公開とか、

異様なまでの煽り(後述)とかねえ…。

 

「ネットで盛り上がり!」に荷担してあげようか。

 

これだけ強引にやれば売れるだろうなー。
2回はできない手法だ。
売り方も1回限りのやり方というのもあるけど、
なにより、基本的にまず、
「内容」が「宣伝に伴っていない」
だから余計、次はない。
典型的な「売り逃げ商法」に、
新潮社は手を出してしまったわけだ…。

 

革新的?
SNSを利用した宣伝手法が革新的なのではない。
ここまで臆面もなく「売り逃げ」しようという方針を、
実際にやってしまったことが、
革新的。(もちろん、悪い意味で)

 

作者への不信感が残るだけではなく、
新潮社という出版社への不信感も根強く残った。

こういうことはやらない会社

だと思っていた(勝手な思い込み)のに、

がっかりだ。

 

こういう不信感は一度、壊れたら、

なかなか元には戻らない。

 

ネタバレするほどのオチでもない。

衝撃よりも、呆れた。 

 

以下、新潮社の編集部、編集者たちの
過剰なまでの「煽り」をどぞ…。
(魚拓 https://archive.fo/XsBx0  から引用)

 

 

 

 

 

 

 

 

社内でも驚嘆の声続々

小説にKO(ノックアウト)されるとは、まさにこの作品のことである。
オリエント急行(殺人事件)クラスの衝撃!!
少なくとも年に100冊は小説を読みますが、ここ5年で最も驚かされた作品。
この夏、新潮社が総力を挙げてお届けする、全く新人の匿名作家の小説です。まあ、騙されたと思って、読んでみてください。必ずや、あなたは騙されるでしょう。でも、“振り込め詐欺”とは違って、損をさせないどころか、騙される読書の快感をタップリと味わえること保証します。
冒頭は宮本輝氏の名作『錦繍』を彷彿とさせる大人の男女のやりとりに胸がドキドキ。
そのうちに奇妙にうねりだす読み味に、ページを繰る手が止まらなくなり、最後には、ただただ絶句……。
たとえこれが他社本でも、間違いなくお薦めしますね。絶対に読み逃さないでください。
読んだ人にしかわからない、この衝撃体験を共に語り合いたいです!
なんの予備知識もなくこの物語を読めたのは、本当に幸せだった。この作品に関しては、どんな些細な一言も、何らかの先入観になり兼ねない。迷っているなら、今すぐページを繰るべきだ。決して損はさせないから。
これから、まっさらな状態でこの作品を読めるなんて、本当に羨ましくて仕方ない。
担当編集者に薦められ、ついゲラに目を通したら一気読み! 短い中にこれでもかというぐらい何度も予想を裏切る展開が繰り返され、読了後はしばしボー然。このとてつもない読後感を誰かと共有したく、すぐに席で声を挙げました。「お~い、これ誰読んだ~?」
「話が違う!」という言葉が、いい意味で口をついて出たのは、50年生きてきて初めての体験でした。あらすじはおろかジャンルも、未読の人に絶対に「言ってはいけない本」です。
まさに一気読み!! ページを繰るごとに妖しさを増す書簡の応酬に本を閉じられない!!
大満足の読書体験をお約束します。この作品、売れる予感しかしない!!
圧倒的に読みやすく、それでいて超面白い!!
人の秘密を垣間見ているようなスリリングな読書体験に、読みながらドキドキとワクワクがとまりませんでした。「とにかく読んでみて!」と人に薦めたくなる小説です。
シンプルなプロットなのに、オセロの石がぱたぱたとひっくり返っていくようなどんでん返しの連続に瞠目。さらに……ラストまでいくと、まったく新しい貌が立ち上がってきます。
読み終わった人と、この本について語り合いたい! そんな思いにかられるミステリーでした。
人間はどこまで「化けの皮」をかぶれるのだろう。
身の毛がよだち、悪寒が走る戦慄の仮面(ペルソナ)小説。
男女ふたりのメールの秘密は、ミステリーを800冊以上(たぶん)所蔵している私の、どの書棚にも分類不可能なものでした。秘密が明かされていく過程で、自分史上MAXの興奮を味わいました。
一気に読みました!
「ルビンの壺」の絵を見たときのような「図」と「地」の関係性の変化にドキドキしました。
読後に誰かと語り合いたくなること間違いなしです!
SNS空間で繰り広げられる、男女の世界。
かつての恋人と、SNSでつながってしまうと、こんなことになるのか……
『賭博黙示録カイジ』を彷彿とさせるような展開に、「エライもん読んでしまった!」という読後感です。
心臓に悪い小説です。昔の恋愛を回想追憶する手の小説かと思いきや、「?」と「!」が交互に津波のように押し寄せてきて、頭はフル回転で熱くなり、背筋はどんどん冷たくなって終いに全身フリーズ状態。
……読んでください。驚きます。
こういうおもしろさの小説をどうやって読者に届けるか――。出版社の腕を試される1冊になる……と身震いしています。
こんなにも期待を抱かせる小説に巡り合えること。これこそ、小説を売る仕事の醍醐味でしょう! 読み終えた直後から、この本が話題になっていく未来が目に浮かぶ! あーもう、ワクワクが止まりません!

 

ルビンの壺が割れた

ルビンの壺が割れた

 

 

 

↓ 新潮社用 

エスケー 骨壺 白切立 01000 7寸

エスケー 骨壺 白切立 01000 7寸

 

 

 

 

 

 

 

 

 大事なことなので…

新潮社は

典型的な

「売り逃げ商法」に、

とうとう
手を出してしまったわけだ!

 

こういうのって、

短期的には儲かるだろうけど、

長期的には本離れ・出版不況に拍車を掛けるじゃないかな?

 

つまり目先の利益を優先して、

自分の首を絞めることを出版業界はやっている、

その典型例ということ。

 

そんなに出版社大変なんですかー。

そろそろ大手出版社が倒産したりするのかな?